エステの歴史

世界で初めてエステと呼ばれるものが始まったのはフランスなのですが、時代は18世紀ごろになります。しかし昔は今のようなサロンのようなものはなく、基本的には上流階級の人達が肌の手入れをしてもらっていました。現在のようなサロンができたのは19世紀初めごろで、オーストラリアで開業されたのが最初となります。

その後、明治時代に日本にも普及されていくのですが、元々は理髪店が行っていたフェイシャルが日本でのエステのはじまりです。その手入れが人気を集め、そこから広がってエステになっていきました。現在では団体が設立されるなど、エステは数多くの人たちが利用しているサロンになります。

また、エステといっても一種類だけではありません。例えばボディエステですが、これはフェイシャルのみならず、体全体を行うエステとなり、体の隅々までマッサージをしてしっとりしなやかな肌を作り上げてくれるエステとなっています。また、痩身エステも存在しており、これは痩せるのをメインに行うエステになります。むくみも解消しますし、ダイエット効果があります。その他にも脱毛、フェイシャル、リフレクソロジー、デトックスなど説明しきれないくらいたくさんの種類が存在しています。

このように、エステは今では色々な人たちが利用しているものとなりますが、実際にたくさんの種類があってどれを選んだらいいのか分からないという人も多いかと思います。そこで、このサイトではエステを選ぶ際のポイントやエステの効果について紹介をします。